201510310101

「メアリー・セレスト号集団失踪事件」とは、1872年にポルトガル沖で帆船「メアリー・セレスト号」が、完全なる無人状態で漂流しているところを発見されたという事件のことである。発見当時、船内に乗組員が一人も乗っていなかったことについては、現在でも謎とされており、航海史上最大の集団失踪事件と言われている。
スポンサーリンク

メアリー・セレスト号の詳細

メアリー・セレスト号は、全長約31m、総重量約282tの帆船である。この船は、1861年にノバスコシアのスペンサー島で「アマゾン号」として建造され、その後、1869年に「メアリー・セレスト号」へと改称された。

1872年11月7日、船長ベンジャミン・ブリッグズによる指揮の下、メアリー・セレスト号はニューヨークで大量の工業用アルコールを積み、イタリア王国のジェノヴァへと向けて出航した。その時、船内には乗組員7人の他、船長とその妻と娘の計10人が乗っていたとされている。

この事件の当日

1872年12月4日、メアリー・セレスト号はデイ・グラチア号によって発見された。デイ・グラチア号は、メアリー・セレスト号の7日後にニューヨーク港を出港した船であり、その船長モアハウスはブリッグズ船長と親しい友人であった。

デイ・グラチア号の乗組員は、2時間ほどメアリー・セレスト号を観察し、「遭難信号を掲げていないが、恐らく漂流中なのだろう」と判断した。デイ・グラチア号の乗組員は、数隻の小さなボートに乗り、メアリー・セレスト号へと向かった。その時、メアリー・セレスト号のデッキは水浸しの状態であり、船倉は約1.1mに渡って浸水していたという。その他の点において、船は良好な状態であるように思われたが、何故か船内には、乗組員が一人も乗っていなかった。

また1700樽のアルコールは、後にジェノヴァで降ろされた時に9樽が空であったと確認されたが、それ以外は無事であり、6ヶ月分の食料と水も残されていた。船内には、船長の航海日誌以外の書類は見つからなかった。最後の日誌の記入では、11月24日のアゾレス諸島の西方100マイルの海上にいたということが書かれており、翌日の11月25日には、アゾレスのセント・メアリー島に到着できる位置であった。

その後、デイ・グラチア号の乗組員は、メアリー・セレスト号をジブラルタルまで航行したということである。

集団失踪に関する説

201510310102

この不可解な乗組員の集団失踪事件について、その原因や経緯にはいくつかの説が存在する。

  • 二人の船長による共謀説
これは「二人の船長が、海難救助料を手に入れるために共謀し、意図的に起こしたのではないか」という説である。ブリッグズ船長とモアハウス船長が顔見知りであったため、このような説が浮上した。しかし、この説には「船の売却額が、海難救助料を上回っている」、「ブリッグズ船長は、本土に幼い息子を残している」、「妻と娘を連れて行く必然性が無い」などの不可解な点が存在する。

  • 予期せぬ事故説
これは「船が予期せぬ事故に見舞われ、乗組員が逃げ出したのではないか」という説である。しかし、「発見当時、メアリー・セレスト号には大きな損傷が見られなかった」という証言が残っており、また経験豊富なブリッグズ船長が、その程度の損傷で船を遺棄するというのは不自然であるという見方もある。

  • 何者かによる襲撃説
これは「海賊、またはデイ・グラチア号の乗組員が、メアリー・セレスト号を襲撃したのではないか」という説である。しかし、この説には「船内に暴力の跡は見られなかった」という証言が残っており、また海賊が襲ったのであれば、何故船の積荷や食料を残していったのかという点について疑問が残る。

  • 気化アルコール説
これは「気化したアルコールに恐れをなしたブリッグズ船長が、慌しく船を遺棄したのではないか」という説である。この説は「積荷のアルコールの樽が破損していた」という点に着目した、歴史家コンラッド・バイヤーによって唱えられ、現在のところ最も信憑性の高い説だとされている。


その他には、「UFOによって誘拐・拉致された」、「科学では説明のつかない超常現象によるもの」、「巨大ダコに襲われ、海中へと引きずり込まれた」などの憶測も飛び交ったが、その真偽の程は定かではない。

管理人から一言

アルコールは、人をダメにするのです…。