ザ・オカルトサイト

2016年01月

この世界は、ただの作り物?「シミュレーション仮説」

201601170101

「シミュレーション仮説」とは、2003年にスウェーデン人の哲学者ニック・ボストロムによって提唱された「現在、我々が生活しているこの世界は、実は人類とは別の高度に発展した文明によって構築されたシミュレーションによるものなのではないか」という仮説のことである。この仮説は、一見すれば突拍子もないものに思えるが、地球上に生命が誕生する確率が、非現実的なほどに低いことなどに対する一つの解釈として注目を集め、その後、物理学・生物学・宇宙学などの様々な分野で議論が行われることになった。
スポンサーリンク
続きを読む

政府による、でっち上げ?「地球温暖化捏造説」

201601150101

1980年代後半から本格的な調査が開始され、その存在が次第に明らかとなったという、大きな気候変動「地球温暖化」。それは地球表面の平均温度が長期的に上昇する現象のことであり、その原因としては主に温室効果ガスの増加という、人為的な問題によるものだと考えられている。しかし、この地球温暖化については、「実際には、地球温暖化は起きておらず、各国政府が環境ビジネスのために捏造しているのではないか」という陰謀論が囁かれている。
続きを読む

毎日、午後2時に鳴る…。「壁の中の電話」とは?

201601140101

「壁の中の電話」とは、フジテレビ系列の人気バラエティ番組「奇跡体験!アンビリバボー」において過去に放送されたことがある、実話に基づいたという怪談話のことである。この話は、1999年7月22日に放送された第70回の放送回の中で紹介されており、過去に同番組内で取り上げられた数多くの怪談話の中でも、最も怖い話の一つとして挙げられることが多い。その話の内容とは、「あるマンションへと引っ越してきた三人家族が、そこで謎の電話にまつわる恐ろしい体験をする」というものである。
続きを読む

「モサド」世界に恐れられる、イスラエル国の情報機関。

201601130101

「モサド」とは、1949年12月13日に創設されたというイスラエル国の情報機関のことである。その正式名は「イスラエル諜報特務庁」であり、モサドによる諜報活動はアメリカ合衆国の中央情報局(CIA)、イギリスの秘密情報部(MI6)、旧ソ連のソ連国家保安委員会(KGB)などを上回るものとして世界に恐れられている。1990年9月にモサドの元局員ビクター・オストロフスキーが暴露本を出版したことにより、この情報機関の存在は世界中に広く知られ渡ることになった。
続きを読む

涙なしには語れない?「トムとジェリー」の最終回。

201601120101

「トムとジェリー」とは、1940年2月10日にその第一作が公開され、現在ではアメリカ合衆国を代表するアニメーションとなったシリーズ作品のことである。この作品は、アメリカ人のアニメーターであるウィリアム・ハンナとジョセフ・バーベラによって製作され、そのユーモア溢れる猫と鼠のドタバタ劇が話題となり、数多くの続編が作られることになった。しかし、その最終回の内容については知る者は少なく、2000年頃からインターネット上では、「『トムとジェリー』の最終回」と題する、出所不明の文章が広まっていった。
続きを読む

謎の失踪を遂げた車。「藤代バイパス車両消失事件」

201601110101

1963年11月19日、某銀行支店の支店長代理が運転する乗用車は、同銀行の次長と得意客を乗せて茨城県の龍ケ崎市にあるゴルフ場へと向かっていた。しかし、国道6号の藤代バイパスを走行していた時、この車に乗る三人は、前方を走行していた乗用車から突如として白い煙のような謎の気体が噴き出し、車が消失してしまう瞬間を目撃することになる。この不可解な消失事件はオカルト系の雑誌だけではなく、毎日新聞の夕刊にも掲載されており、現在では都市伝説の一つとして数えられている。
続きを読む

道徳心の本質…?「トロッコ問題」とは?

201601100101

「トロッコ問題」とは、1967年にイギリス人の女性哲学者フィリッパ・フットによって考案されたという、倫理学における思考実験のことである。その内容としては、「制御不能となったトロッコが、線路上で作業中の5人のもとへと猛スピードで向かっているとする。偶然、あなたはその線路の切り替え地点にいたため、トロッコを別の線路へと向かわせることができるが、その別の線路では1人が作業中である。あなた以外の人物は、まだトロッコのことには気づいていない。さて、あなたは線路を切り替えるべきか?それとも、何もしないべきか?」というものである。
続きを読む

大量のUFOが襲来?「ワシントンD.C. UFO乱舞事件」

201601090101

「ワシントンD.C. UFO乱舞事件」とは、1952年7月19日から7月27日にかけての約1週間、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.上空において、大量の未確認飛行物体と思われる謎の光体が目撃された事件のことである。この事件では、約70もの大量の光体が多数の一般市民によって目撃されており、アメリカ全土はパニック状態に陥ったという。その後、この事件はアメリカ空軍が記者会見を開くという事態にまで発展している。
続きを読む

その壷の中身を見た者は…。「猿酒」とは?

201601080101

1997年10月25日からフジテレビ系列で放送されている、人気バラエティ番組「奇跡体験!アンビリバボー」。その記念すべき第一回の放送において、秋田県の山奥で暮らすある旧家が、平安時代から先祖代々受け継いできたという謎の秘薬「猿酒(さるざけ)」が紹介された。この猿酒とは、生け捕りにした猿の肉片を壷の中で塩水に漬け込んだものであり、秘薬として様々な病気に効果を発揮するが、その壷の中身を見た者は間もなく死んでしまうという。
続きを読む

5歳7ヶ月で子供を出産した女性。「リナ・メディナ」

201601070101

「リナ・メディナ」とは、1939年5月14日に当時5歳7ヶ月という若さで子供を出産したという、ペルー人の女性のことである。現在、彼女は世界最年少で子供を妊娠・出産した女性として知られており、その一連の出来事は、当時の胎児の姿を写したX線写真をもとに世界中の多くの医師によって事実として認定されている。これは極端な性早熟症によるものと考えられているが、彼女の妊娠・出産については、いくつか謎とされている点がある。
続きを読む

巨大な蛾のような謎の生物。「モスマン」とは?

201601060101

「モスマン」とは、1966年11月15日にアメリカ合衆国のウェストバージニア州で起きた目撃事件を皮切りとし、約1年後の1967年12月15日までこの州の付近で多く目撃されたという、巨大な蛾のような姿をした未確認生物のことである。その体長は約2mほどあり、腕はなく、背中に大きな翼が生えていたとされている。日本では「蛾男」と呼ばれることが多い。
続きを読む

特殊相対性理論の矛盾点?双子のパラドックス。

201601050101

「双子のパラドックス」とは、1911年にフランス人の物理学者ポール・ランジュバンによって考案された思考実験であり、「光速に近い速度で移動する物体は、時間の経過が遅くなる」という、特殊相対性理論における時間の遅れについてのパラドックスのことである。その内容とは、「ある双子の弟が地球に残り、その兄がロケットに乗って宇宙を旅行して帰ってくる。この時、弟からは兄が移動しているように見えるが、相対的に兄からは弟が移動しているように見えている。さて、この双子が出会った時、どちらの方が歳を取っているのか?」というものである。
続きを読む

姨捨伝説の舞台になった地?「冠着山」とは?

201601040101

「冠着山(かむりきやま)」とは、長野県千曲市と東筑摩郡筑北村にまたがる山のことである。この山は、別名「姨捨山(おばすてやま)」とも呼ばれており、「昔々の食料が貧しかった時代、口減らしのために高齢になった親を、山の奥深くへと置き去りにして捨ててくる習慣があった」という、「姨捨伝説」の舞台になった地として広く知られている。
続きを読む

終焉の画家。ズジスワフ・ベクシンスキー。

201601030101

その生涯を通して死や絶望、廃退や終焉などをテーマとした絵を描き続けたポーランド人の画家「ズジスワフ・ベクシンスキー」。彼の描く絵は、その独特の世界観から一見すると不気味な印象を与えることが多いが、そこには退廃的な美しさが潜んでおり、世界中の多くの人々を魅了している。今回は、そんな「終焉の画家」とも呼ばれる、彼の絵の世界について紹介する。
続きを読む

「くねくね」その正体を知った者は…。

201601020101

「くねくね」とは、2003年頃から電子掲示板サイト「2ちゃんねる」にある、オカルト板を中心に広まったとされる怪談話のことである。その話の内容としては、「夏に田舎の村へと訪れた際、田んぼで人間のような姿をした謎の白い物体を目撃し、その正体を知った者が精神に異常をきたしてしまう」というものである。現在では、この謎の白い物体自体が「くねくね」と呼ばれており、その正体については様々な憶測が飛び交っている。
続きを読む
注目の海外映画
注目の日本映画
Twitter 情報
平凡な日常に、オカルトを。日本はもちろん、世界中のオカルトな話題をお届け。基本的には、100%フォローバックしますー!
関連ツイート
LINEで読者になる
記事サムネイル
  • 扇風機をつけたまま眠ると…。「扇風機」にまつわる都市伝説。
  • 扇風機をつけたまま眠ると…。「扇風機」にまつわる都市伝説。
  • 扇風機をつけたまま眠ると…。「扇風機」にまつわる都市伝説。
  • 扇風機をつけたまま眠ると…。「扇風機」にまつわる都市伝説。
  • 子供は見ちゃダメ。「元祖西遊記スーパーモンキー大冒険」の隠しメッセージ。
  • 子供は見ちゃダメ。「元祖西遊記スーパーモンキー大冒険」の隠しメッセージ。
  • 子供は見ちゃダメ。「元祖西遊記スーパーモンキー大冒険」の隠しメッセージ。
  • 子供は見ちゃダメ。「元祖西遊記スーパーモンキー大冒険」の隠しメッセージ。
  • 「バター猫のパラドックス」正しいのは、どちらの俗説?
  • 「バター猫のパラドックス」正しいのは、どちらの俗説?
  • 「バター猫のパラドックス」正しいのは、どちらの俗説?
  • 「バター猫のパラドックス」正しいのは、どちらの俗説?
  • 無数の十字架が立てられた丘。リトアニアの「十字架の丘」
  • 無数の十字架が立てられた丘。リトアニアの「十字架の丘」
  • 無数の十字架が立てられた丘。リトアニアの「十字架の丘」
  • 無数の十字架が立てられた丘。リトアニアの「十字架の丘」
  • 無数の十字架が立てられた丘。リトアニアの「十字架の丘」
  • 無数の十字架が立てられた丘。リトアニアの「十字架の丘」
記事検索
管理人から一言
もしも、動画が削除されているページなどありましたら、コメントにてご指摘いただけると助かりますー。
スポンサーリンク
メールフォーム

名前
メール
本文
免責事項
当サイトのご利用は自己責任でお願いします。当サイト及び、外部リンク先のサイトをご利用したことにより発生した損失・損害について、当サイトは一切の責任と義務を負いません。

また当サイトは著作権の侵害を目的として運営されているものではありません。使用している版権物の知的所有権は、全て各著作者・団体に帰属しています。

もし、著作権や肖像権に関して問題がありましたら、こちらのページに記載されているメールアドレス宛てにメールにてご連絡していただくか、またはメールフォームより、ご連絡下さい。確認後、適切な対処を取らせていただきます。
こちらもどうぞ
記事検索
  • ライブドアブログ