201512200101

「モノス」とは、1920年に南米ベネズエラのジャングルにて、スイス人の地質学者フランソワ・ド・ロワが率いる調査隊によって射殺され、その姿が写真に収められたという、巨大な猿の姿をした未確認生物のことである。その体長は約150cmほどあり、腕が異常に長く、尻尾がなかったとされている。また別名「モノ・グランデ」とも呼ばれている。
スポンサーリンク

「モノス」の詳細

1920年、スイス人の地質学者フランソワ・ド・ロワが率いる調査隊は、油田開発に必要なデータを収集するため、南米ベネズエラのジャングルを調査していた。エル・モノ・グランデ峡谷のタラ川付近でキャンプをしている最中、この調査隊は小さな森の中から突然現れた、二頭の巨大な猿に遭遇する。その二頭の猿は大きな奇声を発して威嚇し、周辺に落ちている石や木の棒などを調査隊のメンバーに向かって投げつけてきたという。

身の危険を感じた調査隊のメンバーは、二頭の猿の内、大きい方の猿を射殺し、もう片方の猿は森の中へと逃げていった。その猿はとても大型であり、これまでに見たこともない種類の猿だったことから、ド・ロワは調査隊のメンバーにその猿の死骸を保存することを提案したが、調査活動の妨げになるという理由から却下された。結局、この猿は解体され、調査隊の食料となったという。

この時、「何か、記録を残しておきたい」と考えたド・ロワは、この猿を解体する前にその死骸を石油缶の上に座らせ、顎の部分を木の棒で支えた状態で写真の撮影を行った。またド・ロワは、この猿の頭蓋骨を証拠品として、しばらくの間持ち歩いていたが、現地でのアクシデントにより破損してしまい、その後、破棄することになったという。

1929年、ド・ロワの知人である人類学者ジョージ・モンタンドンは、この猿の写真を見て大変に驚き、「新種のアメリカ類人猿」として学界で発表を行い、その存在は世界に広く知れ渡ることになった。モンタンドンは、この猿を「アメリカ原住民の先祖なのではないか」と考え、この猿に「ロワのアメリカ猿人」を意味する、「Ameranthropoides loysi」という学名をつけた。

その後、1954年にもイギリス人の狩猟家によって、エル・モノ・グランデ峡谷付近で巨大な猿が目撃されているが、現在に至るまでこの猿の捕獲には成功しておらず、いつしか未確認動物の一つとして数えられるようになった。

「モノス」の特徴

201512200102

フランソワ・ド・ロワによる、モノスの特徴は下記の通りである。
  • 全身が黒い毛によって覆われていた
  • とても大型であり、体長は約150cmほどあった
  • 非常に大きな奇声を発して威嚇してきた
  • 腕が異常に長く、猿にはあるはずの尻尾がなかった
  • 獰猛な性格をしており、石や木の棒などを投げつけてきた
現在、この猿についてはスペイン語で「猿」を意味する、「モノス」という呼び名が定着している。また同じく、スペイン語で「巨大な猿」を意味する、「モノ・グランデ」という名で呼ばれることもあり、この猿が目撃された場所が「エル・モノ・グランデ峡谷」と呼ばれるようになった由来は、この猿によるものである。

その正体とは?

201512200103

モノスの正体については、下記のような説が挙がっている。

  • クモザルの見間違い説
これは「南米の森林地帯に生息している、『クモザル』と見間違えたのではないか」という説である。ド・ロワによって撮影された写真に映っているその死骸は、クモザルに酷似しており、「大きな奇声を発する」という特徴もクモザルに見られる特徴と同じである。しかし、クモザルには長い尻尾があり、成体でも体長70cm程度しかないため、ド・ロワによるモノスの特徴とは異なる部分もある。

  • 突然変異による巨大化説
これは「現地に生息している猿が、突然変異などの何らかの理由によって巨大化したのではないか」という説である。実際に「ギュスターブ」と名付けられた全長6mを超えるナイルワニや、「ホグジラ」と名付けられた全長4m近くあるイノブタなどが、世界各国で発見されている。この説は現実的なものとされているが、その頭蓋骨は破棄されてしまい現在は存在しないため、確認ができない状態となっている。

  • ド・ロワによる捏造説
これは「全て、ド・ロワによる捏造なのではないか」という説である。ド・ロワが率いる調査隊の行動には不可解な点が多く、例えば「新種と思われる猿を食料としたこと」、「絶対的な証拠となる頭蓋骨を破棄したこと」などが挙げられる。また近年になって行われた調査では、写真に写っている石油缶のサイズなどから、その死骸は大きくても体長70cm程度なのではないかという指摘がされている。「尻尾がなかった」という特徴については、写真が正面から撮られているため、単純に写っていないだけであり、故意に切断した可能性も考えられる。


また人類学者のジョージ・モンタンドンが、この猿を「アメリカ原住民の先祖なのではないか」と考えて学界で発表を行った背景については、後にモンタンドンが「白人至上主義」の考え方を持っていたことが明らかとなっている。

その真相としては、「ド・ロワが話題作りなどの理由から、現地に生息しているクモザルを用いて架空の生物の存在を捏造し、白人至上主義の考え方を持つモンタンドンが、それを学界で発表したことにより、たまたま世界的に広まってしまった」というシナリオが、一番筋が通っているものと考えられる。

関連動画



管理人から一言

「モノスが、物申す」って言葉、なかなかよくできていませんか…?