201512240101

「フラットウッズ・モンスター」とは、1952年9月12日にアメリカ合衆国ウェストヴァージニア州のブラクストン郡にある、小さな町フラットウッズにて目撃されたという、全長が約3mほどもある巨大な宇宙人のことである。この宇宙人は、スペードのような形をした頭と大きな二つの光る目を持ち、修道服のような衣服を身にまとっていたと言われている。また日本では、「3メートルの宇宙人」という呼び名でも知られている。
スポンサーリンク

この目撃事件の詳細

1952年9月12日、アメリカ合衆国ウェストヴァージニア州のブラクストン郡にある、人口約300人ほどの小さな町フラットウッズに住む、エドワード・メイ(当時13歳)、フレッド・メイ(当時12歳)兄弟とその友人であるトミー・ヘイヤー(当時10歳)は、午後7時15分頃に学校のグラウンドでフットボールをして遊んでいたところ、上空で謎の光る物体を発見し、その物体が地元の農家ベイリー・フィッシャーの所有地に落下するところを目撃する。

驚いた少年たちは、急いでメイ兄弟の母親であるキャスリーン・メイ(当時32歳)のもとへと向かい、このことを伝えた。この話に興味を持ったキャスリーンは、懐中電灯を手に持ち、地元の少年であるニール・ナンリー(当時14歳)とロニー・シェーヴァー(当時10歳)、そして偶然近くにいたウェストバージニア州兵であるユージーン・レモン(当時17歳)とそのレモンの愛犬を含む、計7人と1匹で落下した謎の物体を確認するため、フィッシャーの農場へと向かった。

その農場はキャスリーンの自宅から約400mの距離にある丘の上にあり、現場に辿り着いた一行は、そこで直径が約3mほどの「ブンブン」と唸るような音を発しながら、赤く光り輝く謎の球体を発見する。また辺りには濃い霧が立ち込め、ひどい悪臭が広がっていたという。

その時、先頭を歩いていた州兵のレモンは霧の中に二つの光る物体を見つけ、その物体の方へ懐中電灯を向けた。そこには全長が約3mほどの巨大な宇宙人と思われる怪物が立っており、その怪物は吐き気を催すほどの強い悪臭を放ち、「シューッ」という奇妙な音を発しながら空中に浮かんだ状態で近づいてきたという。

パニックに陥った一行は急いで丘を駆け下り、キャスリーンの自宅へと非難した。その後、キャスリーンは地元の保安官であるロバート・カーと、知り合いである地元紙「ブラクストン・デモクラット」の共同オーナーのA・リー・スチュワートに電話で連絡し、捜索を依頼した。

ロバート・カーが副保安官のバーネル・ロングを連れ、現場周辺を捜索したところ、謎の宇宙人や球体、その他の異変などは特に見当たらなかった。またスチュワートは少年たちにインタビューを行い、夜遅くに州兵のレモンを連れて現場を訪れたところ、謎の宇宙人や球体は見当たらなかったが、辺りには胸が焼けるような金属的な異臭が漂っていたという。

その翌日、朝早くに再度スチュワートが現場を訪れたところ、地面の泥の中に二本の車輪の跡と黒い液体が飛び散ったような跡を発見した。この丘は約一年間車両が立ち入った形跡がないことなどから、スチュワートは「これは未確認飛行物体が着陸した跡なのではないか」という考えを持ったという。

その後、キャスリーンをはじめ、何人かの少年たちが鼻や喉の痛みを訴え、中でも州兵のレモンは症状が重く、数週間もの間、夜中の嘔吐や痙攣に悩まされることになった。またレモンの愛犬は、目撃事件の二日後に死んでしまったという。

この宇宙人の特徴

201512240102

キャスリーン・メイと少年たちの目撃談による、この宇宙人の特徴は下記の通りである。
  • 全長が約3mほどあり、地上から約50cmほど浮かんでいた
  • スペードのような形をした赤い頭と、大きな二つのオレンジ色に光る目を持っていた
  • 修道服のスカートような緑色の衣服を身にまとっていた
  • かぎ爪のような鋭い爪の付いた、細くて長い腕を持っていた
  • 「シューッ」という奇妙な音を発し、吐き気を催すほどの強い悪臭を放っていた

マスコミによる報道

地元紙であるブラクストン・デモクラット紙は、この宇宙人だと思われる謎の怪物を町の名前にちなみ、「フラットウッズ・モンスター」と名付け、この目撃事件を大きく取り上げた。この事件はあっという間に町中へと広がり、数日後には、この事件を嗅ぎつけたアメリカ中のマスコミが、新聞紙面・ラジオ・テレビなどの様々なメディアを通じてこの事件を大々的に報道し、このニュースは瞬く間にアメリカ全土へと広まっていった。

同年の1952年7月、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.の上空で多数の未確認飛行物体が、複数の人物によって目撃されていたこともあり、連日のようにUFO関連の番組が放送されており、全米はUFOブームに沸き返っていた。この頃、町には数千人もの人々が見物に訪れたという。

1952年9月19日、ニューヨークの人気テレビ番組「We The People」の中でUFO特集が組まれ、この番組にはキャスリーン・メイも出演し、フラットウッズ・モンスターの話が取り上げられた。この番組内では、キャスリーンと少年たちによる目撃情報を元にイラストが作成され、現在ではフラットウッズ・モンスターといえば、そのイラストを思い浮かべる人も多い。またこのフラットウッズ・モンスターについては、日本でも「3メートルの宇宙人」として様々なオカルト雑誌などで紹介された。

その真相とは?

201512240103

アメリカ合衆国の超常現象を科学的に調査している非営利団体「サイコップ」のメンバーであるジョー・ニッケルは、町の上空に現れた謎の光る物体の正体については、「隕石」だと結論付けている。実際に事件当日の前夜、メリーランド州・ペンシルベニア州・ウェストバージニア州の三つの州において、隕石の目撃報告が確認されている。

宇宙人と思われる謎の怪物の正体については、「その正体は、木の枝に止まった『メンフクロウ』であり、パニック状態に陥った一行が、極度の心理状態の中で見間違えたのだろう」と推測している。このメンフクロウの足の爪は鋭く、顔もスペードのような形に酷似しており、修道服のスカートような緑色の衣服については、木の葉を見間違えたものだとされている。また懐中電灯を向けられた際に、たまたま光を反射した目が、自発的に光っているように見間違えられたものとも考えられている。

目撃された怪物の身体の一部が赤く光って見えた理由については、夜間に飛行する航空機に対して、構築物の存在を示すために使用される「航空障害灯」の赤い光によるものだと考えられている。目撃事件の起きた現場からは、三箇所の航空障害灯が確認されており、この赤い光がメンフクロウの身体を照らしたものと推測されている。

また目撃事件の翌日、A・リー・スチュワートによって発見されたという地面の泥の中にあった二本の車輪の跡と黒い液体が飛び散った跡については、地元に住むマックス・ロッカードという人物が、興味本位から自家用車である1942年型のシボレー・ピックアップトラックで現場を訪れた際にできたものであることが判明している。

異臭の原因については、もともとこの地には異臭を放つ草花が生い茂っており、キャスリーンをはじめ何人かの少年たちが鼻や喉の痛みを訴えたことについては、精神的な強いショックから生じる症状と似ているため、ヒステリーによるものだろうと推測されている。

その後、アメリカ空軍が行った調査の結果では、「目撃事件の当日、この町の上空に異常は確認されておらず、宇宙人とされるものについては、恐らく何かの見間違いや集団幻覚などの現象によるものである」という結論に至っている。

関連動画



管理人から一言

幽霊が夜にしか現れない原理と、どこか似ていますね…。