201510030201

「鮫島事件」とは、日本のインターネット上、主に匿名掲示板の2ちゃんねるなどで時折言及されている、謎の多い事件のことである。噂では、「何らかの理由で真実が隠蔽されており、絶対に語ってはならない」とされている。
スポンサーリンク

「鮫島事件」の詳細

「鮫島事件」については諸説あるが、下記は最も有名とされている、「孤島説」と呼ばれているものである。

ある時、鹿児島県沖に浮かぶ「鮫島」と呼ばれる島に遊びに来た5人の2ちゃんねらーがいた。しかし、彼ら5人は島で謎の失踪を遂げる。その後、警察によって行方不明となった5人の懸命な捜索が行われたが、結局警察は彼らを発見することができなかった。

それから半年ほどたったある日、行方不明となった5人の内、4人が鹿児島県沖の海岸にて白骨遺体となって発見され、その遺骨は家族のもとへと帰された。しかし、依然として公安関係者の身内とされる1人の行方は掴めないままだった。

そして、4人の遺骨が家族のもとへと送り届けられた翌日、2ちゃんねるに最後の1人と思われる人物による書き込みがなされた。ただ一言、「鮫島にいる」と。

当時、2ちゃんねるには投稿者のIPを記録するシステムが構築されていたなかったため、果たしてこの投稿者が最後の1人なのかどうかを判断することができなかった。

その後、再び警察が鮫島で捜索を開始したところ、この最後の1人と思われる人物の遺体を発見した。その遺体は動物に食い荒らされ、激しく損傷していたが、その中には人間のものと思われる歯形も残されており、また頚部には圧迫されたような痕跡があったと言われている。

その真相とは?

201510030202

この他にも下記のように様々な情報が飛び交っている。
  • 本当に事件を知っている人物は、「鮫島事件」とは呼ばない
  • 詳細を明らかにすると、2ちゃんねるの存亡に関わる
  • この事件について語ると、自分の身に危険が及ぶ
非常に謎の多い怪奇事件であるが、この事件は2ちゃんねる内で新参者や、この事件を本気にした者を釣るために作られた架空の事件である。つまり、「鮫島事件」という事件は存在せず、「決して語ってはならないもの」というジョークを面白がった複数の人物によって創作され、リアリティを増すために様々な情報が付け加えられた話が都市伝説として一人歩きしたものである。

管理人から一言

昔、自分も釣られました…。く、悔しい…。