201512300101

「橋北中学校水難事件」とは、1955年7月28日に三重県津市にある津市立橋北中学校の女子生徒36人が、中河原海岸での水泳訓練中に溺死した事件のことである。この事件の原因は、海流の急激な変化によるものだと考えられているが、その詳しい原因は未だに判明していない。しかし、この事件の生存者である複数の女子生徒は、「たくさんのモンペ姿をした女性が、海の底から現れてみんなを引きずり込んでいった」という不可解な証言をしている。
スポンサーリンク

この事件の詳細

三重県津市にある津市立橋北中学校では、夏季に中河原海岸で水泳訓練を実施することが、毎年恒例の学校行事の一つとなっていた。この事件のあった1955年は、7月18日から7月28日にかけての10日間、午前中にだけ水泳訓練を実施することが決定しており、この水泳訓練には男女生徒合わせて約660名の生徒が参加することになった。

事件当日の1955年7月28日、この日は水泳訓練の最終日であるため、約200名もの女子生徒の水泳能力テストが行われることになった。このテストの内容としては、岸から約10m・水深約1mの位置に岸と並行する形で10m間隔に立てられた竹竿を目印とし、3本目まで泳げた生徒には「30m」と書かれた札を、5本目まで泳げた生徒には「50m」と書かれた札を補助役の男子水泳部員が渡して、その泳いだ距離を測定・記録するというものだった。

午前10時頃、生徒は簡単な準備体操をした後、テストに先立って身体慣らしのため、10分間だけ海に入ることになった。しかし、海に入ってから約5分ほど経った時、女性教師を含む、約100名の女子生徒が一斉に身体の自由を失い、同時に溺れ始めたという。溺れた生徒の救いを求める声に驚いた男性教師と男子水泳部員、そこに偶然居合わせた地元の漁師などが協力して救助活動を開始した。男性教師の連絡により、近くの病院に勤務する医師と看護師、警察と救援隊なども駆けつけ、救助活動に加わったという。

この事件では、意識を失った女子生徒49名が引き揚げられ、その内の13名は賢明な処置によって意識を回復したが、その他の36名は帰らぬ人となってしまった。

モンペ姿をした女性の目撃談

201512300102

当時、この事件の生存者である複数の女子生徒は、「たくさんのモンペ姿をした女性が、海の底から現れてみんなを引きずり込んでいった」という不可解な証言をしていたという。

その後、女性週刊誌「女性自身」の1963年7月22日号において、当時の生存者の一人である中西弘子という人物は、下記のような手記を掲載している。

「弘子、あれを見て」

私のすぐ側で泳いでいた友人が、突然私の右腕にしがみつき、沖の方を見つめたまま真っ青になって震えていました。私は彼女が指をさす方へと振り返り、同じように震え上がりました。

そこには、私たちから約20m~30mほど沖の方で泳いでいた同級生が、一人、また一人と何かに引っ張られるかのように海中へと姿を消していたのです。その時、沖の方から大きな黒い物体のようなものが、こちらへと向かって近づいてきました。

よく見てみると、その黒い物体は水に濡れた防空頭巾を被り、モンペを履いた何十人もの女性の姿でした。私とその友人は無我夢中で逃げましたが、私は足を掴まれ、一瞬の内に意識を失ってしまいました…。

この事件のあった中河原海岸では、1951年7月29日にも同じように小学3年生の少年が溺死する事件が起きている。この少年は午前11時頃、この海岸の浅瀬でボール投げをして遊んでいたところ、沖の方へと飛んでいったボールを取ろうとした時に急に海中へと沈んで溺れ始め、親戚や近所の人が救助を行ったが、結局亡くなってしまったという。

またこの事件は、フジテレビ系列で放送されている人気テレビ番組「奇跡体験!アンビリバボー」の中でも何度か取り上げられている。この番組内において、この事件から丁度10年前である1945年7月28日、この地域では第二次世界大戦期の連合国軍による大規模な空爆が行われており、約250名もの人々が焼死したことが判明している。この時、火葬し切れなかった遺体は、この海岸に穴を掘って埋められたという。

その真相とは?

201512300103

この事件の原因については下記の二つの説が有力とされている。

  • 沿岸流による説
これは事件から約三日前である、7月25日から7月26日にかけて発生していた台風13号が、沿岸流のうねりを作り出し、それが事件当日の異常流を生んだものだとする説である。様々な気象データから、事件当日の午前10時頃に周期約13秒・波高約1.5mの海流のうねりが沿岸に到達し得ることが判明しており、その時の海流は秒速50cmにも達するものと推測されている。

  • 副振動による説
これは数分から数十分もの短時間の間に、急激な水位上昇が起きる副振動という現象によるものだとする説である。この副振動は、台風や低気圧などの気象現象に起因して発生するものと考えられており、その振幅は最大で約3mほどになることもあるという。この副振動自体は日本全国のどこの沿岸でも頻繁に発生しているが、何の前触れもなく発生することが多いため、事前に予測することは難しいとされている。


しかし、この事件の詳しい原因については未だに判明しておらず、この事件の後では中河原海岸周辺は遊泳禁止の区域に指定されている。

関連動画



管理人から一言

海で遊ぶ際には、深いところへは行かないようにしましょう…。