201512310101

「鬼門を開く方法」とは、2008年6月11日に電子掲示板サイト「2ちゃんねる」にあるオカルト板において書き込みがされた、東京都の駅を使用した異世界へ行く方法のことである。当初、この書き込みを気に留める者はおらず、検証者が現れたのは、その書き込みがされてから約1ヵ月後のことだった。しかし、「検証してみる」という書き込みの後、この検証者との連絡が途絶え、その翌日に謎の変死事件が発生したことから、この検証者と事件との関連性が疑われている。
スポンサーリンク

鬼門を開く方法

2008年6月11日、電子掲示板サイト「2ちゃんねる」に設置されているオカルト板において、「鬼門を開ける方法」、「本当に人生が嫌になったら、これを試してください」という言葉とともに、その方法の手順が書き込みされた。これは東京都の駅を使用した異世界へ行く方法だと考えられており、この書き込みがされた当初、気に留める者は誰もいなかった。

この鬼門を開く方法の手順は、下記の通りである。
  1. 秋葉原駅から日比谷線に乗って茅場町駅で降り、駅のホームを八丁堀方面へと進むと鉄格子の下に塩が置かれているため、その塩を蹴散らす
  2. 東西線に乗り換えて高田馬場駅で降り、駅のホームを西武新宿線乗り換え方面へと進むと鉄格子の下に塩が置かれているため、その塩を蹴散らす
  3. もう一度、東西線に乗って茅場町駅で降り、改札をくぐって4a出口にある階段の下に米を十粒巻く
  4. 日比谷線に乗り換えて築地駅で降り、駅のホームを築地本願寺方面へと進むと鉄格子の下に塩が置かれているため、その塩を蹴散らす
  5. もう一度、日比谷線に乗って目を閉じ、「あなたが一番したいこと」を考えながら手を組み、そのまま電車に乗り続ける

鬼門とは?

201512310102

「鬼門」とは、北東の方位のことであり、陰陽道では鬼が出入りする方角とされているため、忌み嫌われている。これは陰陽道において、北と西は陰の方角、東と南は陽の方角であると考えられており、北東と南西は陰陽の境になるため、不安定な方角になるのだという。

検証者の登場と謎の変死事件

この鬼門を開く方法が書き込みされてから約1ヵ月後の2008年7月10日、同じスレッド内にて検証者が現れた。この検証者は、下記のような書き込みをしている。

仕事終わりで暇だから、鬼門を開く方法を検証してみる。

というか、本当に駅に塩が置かれていて驚いた。
これは一体何の塩なのか、教えてほしい。

しかし、この書き込みの後、検証者との連絡が途絶え、このスレッドを見ていた人々は「ただの悪ふざけによる、嘘の書き込みだったのではないか」、「飽きたなどの理由で途中で検証を中止したのではないか」と考えていた。その後、翌日の2008年7月11日、東京都目黒区で謎の変死事件が発生し、この検証者との関連性が疑われることになった。

この事件の詳細は、下記の通りである。

11日朝、東京都目黒区の会社社長宅のプールにて、若い男性が血を流して死亡しているのが発見された。警視庁は、この男性が何らかの事件に巻き込まれた可能性があるものとみて、慎重に捜査を進めている。

11日午前6時20分頃、「目黒区東山にある自宅のプールで、若い男が頭から血を流して死んでいる」と、この家の住民である女性から110番通報があった。

警察官が駆けつけたところ、水が入っていないプールで男性が白色のシャツ姿でうつ伏せに倒れており、間もなくその死亡が確認された。

男性はこの家の住民ではなく、警視庁では男性の身元確認を急ぐとともに、この男性が何らかの事件に巻き込まれた可能性があるものとみて、慎重に捜査を進めている。

この事件現場は、東急東横線の中目黒駅から約500mの距離にある閑静な住宅街にあり、豪邸が立ち並ぶ一角だったという。

その真相とは?

201512310103

まず、この謎の変死事件が発生したことは事実であり、実際にTBSテレビのニュース番組などを中心に日本全国で広く報道されている。そのため、この事件については現在でもその記録を確認することが可能な状態となっている。

しかし、この事件が発生してから何人かの新たな検証者が現れたが、この方法に書かれている「鉄格子」と思われるものについては発見されているものの、肝心の「塩」については見つかっておらず、検証を進めることができない状態となっている。

また最初の検証者が現れた時点では塩が置かれていたのかもしれないが、その後もこの検証者がスレッド内で名乗り出ることはなく、現在では謎の変死事件で死亡した男性との関連性も含め、その真相は謎のままとなっている。

関連動画



管理人から一言

事件が発生してから、検証者が増えているっていうのも、変な話です…。