201510050101

「きさらぎ駅」とは、2004年1月8日の深夜に一人の女性が迷い込んだとされる、存在しないはずの駅名であり、またその一連の不可思議な出来事から生まれた、2ちゃんねる発祥の都市伝説のことである。
スポンサーリンク

「きさらぎ駅」の詳細

事の発端は、2004年1月8日23時頃、匿名掲示板の2ちゃんねるにあるオカルト板に立てられた「身のまわりで変なことが起こったら実況するスレ26」にて、自らを「はすみ◆KkRQjKFCDs」と名乗る女性による「気のせいかも知れませんがよろしいですか?」という相談の書き込みだった。

2004年1月8日23時14分、「はすみ」さんは静岡県浜松市に実在する新浜松駅から23時40分の電車に乗車し、静岡県の某私鉄を使って帰宅していた。彼女によれば普段通勤に利用している電車が20分以上もの間走り続けており、周囲の乗客が全員眠っているという奇怪な状況におかれていると言う。その内電車は停まり、思わず彼女が下りた駅は、実際には存在しないはずの「きさらぎ駅」という駅であった。

人の姿は見えず駅を出ても草原と山しか見えない。公衆電話もタクシーも見当たらず、110番通報してもイタズラ電話と誤解されてしまい相手にされないため、線路を歩いて帰ることにした。遠くから太鼓と鈴のような音が聞こえ始める中、「伊佐貫」という名前のトンネルを通り抜けたところで一人の男性に出会う。彼女はその男性の車で近くの駅まで送り届けてもらうことになる。この時、彼女は男性に現在地を尋ねたところ、彼は「比奈」という静岡県富士市に実在する地名を答える。

その後、何故か車は駅から離れ、どんどん山の方へと向かって行き、彼女が男性に声をかけても彼は全く喋らなくなってしまう。意味不明な独り言を呟き始めた男性に危機感を覚えた彼女は、車を降りてこの男性から逃げる決意をし、「もうバッテリーがピンチです。様子が変なので隙を見て逃げようと思っています。」という書き込みを最後に姿を消した。

電車内での怪奇現象

201510050102

下記は「はすみ」さんが車内で体験した不可解な現象である。
  • 電車内での時間が現実世界と一致せず滅茶苦茶になる
  • GPSがエラーを起こして使えなくなる
  • 異常な眠気に襲われる
  • 携帯電話の大部分の機能が使えなくなる
  • 車内の写真を撮影するも赤みを帯びた写真しか撮れなくなる

推測される私鉄

「はすみ」さんが乗車したとされる私鉄について、当時このスレに立ち会ったオカルト板の住民たちが鉄道路線・車両板の住民に協力を求めたが、下記の理由から相手にはされなかった。
  • 新浜松駅は件の私鉄以外無く、かつ始発駅のため乗り間違えはあり得ない
  • 住宅街を走り一駅の間隔が歩けるくらい近いため、電車の間隔は5分ではない

その後の展開

201510050103

2011年6月30日、この一連の出来事を掲載したサイトのコメント欄に自らを「はすみ」と名乗る人物から「7年振りに元の世界に帰ることができました」という趣旨の書き込みがなされたが、その文体の違いなどから信憑性は低いとされている。

また、現在Twitter上などで「『きさらぎ駅』に着いた」との呟きをする人物が時折現れ、駅名も「きさらぎ駅」の他に「やみ駅」、「かたす駅」、「月の宮駅」などの存在しない駅が挙がっているが、真実の程は定かではない。

関連動画



管理人から一言

線路といえば、スタンド・バイ・ミーを連想しちゃいますね…。