201510060101

「HAARP」とは、高周波活性オーロラ調査プログラム(High Frequency Active Auroral Research Program)の略称であり、2014年5月頃までにアメリカ合衆国で行われていたとされる、研究プロジェクトのことである。世界中の科学者によって、「人工的に地震を発生させることが可能だ」という指摘がされていた。
スポンサーリンク

「HAARP」の概要

「HAARP」は、アメリカ空軍、アメリカ海軍、国防高等研究計画局 (DARPA)、アラスカ大学などの共同研究であり、その研究の目的は「地球の電離層と地球近傍の宇宙環境で発生する自然現象を調査する」ことにあった。「電離層ヒーター」とも言われている送信施設は、アラスカ州・ランゲル・セントイライアス国立公園の西にある、OTHレーダーの跡地に建設され、1980年代の終わりから建設が始まり、2005年の終わり頃に完成したとされている。また関連研究施設の建設には2億9000万ドルもの資金が投資された。

このプロジェクトには、アラスカ大学を始めとしてスタンフォード大学、ペンシルベニア州立大学、ボストン大学、カリフォルニア大学、ロサンゼルス校など14校以上のアメリカ国内の大学が関わっており、日本の東京大学も誘導磁力計 (Induction Magnetometer) を提供していた。

その後、2014年5月アメリカ空軍は老朽化したアラスカのHAARP研究を廃止し、施設を閉鎖することを発表した。

「HAARP」の人工地震兵器説

201510060102

「HAARP」は世界中の科学者・研究者によって、「電離層に強力な電波を照射することにより人工的に地震を発生させることが可能だ」という指摘を受けており、また理論的には気候変動や火山噴火などを発生されることも可能だとされている。また高周波の生体や大気圏への影響を懸念する意見もあり、無線通信の撹乱や、人工衛星の破壊を目的とした軍事研究であるとの批判もある。

ロシアの軍事専門誌では、「『HAARP』は超強力なビームを生成する究極の地球物理学兵器である」という記事が書かれており、ベネズエラのチャベス大統領はイラン国営プレスTVで「ハイチ地震はアメリカの兵器による人工地震である」という発言をした。

「HAARP」によるものだとされる地震

「HAARP」はこれまでに何度か使用されたと言われており、下記の地震はその実証実験によって発生されたとされているが、現在「HAARP」の研究は廃止されており、その真相は謎のままである。
  • 2010年1月12日16時53分 ハイチ地震(マグニチュード7.0)
  • 2011年2月22日12時51分 カンタベリー地震(マグニチュード6.1)
  • 2011年3月11日14時46分 東北地方太平洋沖地震(マグニチュード9.0)

関連動画



管理人から一言

日本は、地震が多くて怖いです…。