201601240101

1945年9月10日、アメリカ合衆国のコロラド州フルータで農家として暮らしていたロイド・オルセンは、夕食用に一羽の鶏の首を切り落とした。しかし、その首を切り落とされた鶏は絶命することなく、ふらふらと歩き出し、餌をつついたり、羽づくろいをするような仕草をはじめたのだ。ロイドは、この鶏を「マイク」と名付け、その後、首なし鶏のマイクはアメリカ全土を興行の旅へと飛び回り、新聞や雑誌などのメディアを中心に大きく取り上げられることになった。今回は、そんな「奇跡のマイク」とも呼ばれる、首なし鶏のマイクの話を紹介する。

スポンサーリンク

首なし鶏のマイクの誕生

1945年9月10日、アメリカ合衆国のコロラド州フルータで農家として暮らしていたロイド・オルセンは、夕食用に生後5ヶ月ほどの一羽の雄鶏を選び、その首を小さな斧を使って切り落とした。しかし、その首を切り落とされた鶏は絶命することなく、ふらふらと歩き出し、何事もなかったかのように鶏小屋の方へと向かっていった。

その翌朝、ロイドが恐る恐る鶏小屋を確認してみると、その首のない鶏は生きており、くちばしがないにも関わらず、普通の鶏のように餌をつついたり、羽づくろいをするような仕草をはじめたのだ。驚いたロイドは妻のクララと相談し、その鶏を食べることを諦め、スポイトを使って餌を水を与えはじめた。この首なし鶏は、ロイドによって「マイク」と名付けられた。

科学者による検査

201601240102

その翌週、ロイドは自宅から約480kmほど離れた、ユタ州ソルトレイクシティにあるユタ大学へと首なし鶏のマイクを持ち込んだ。この頭部がないにも関わらず、普通の鶏のように動き回るマイクの姿に、その場にいた科学者たちは大きく動揺したという。

その後、科学者たちによっていくつかの検査と議論が行われた。その結果、「ロイドの振り下ろした斧が総頸動脈を逸れていたため、大量の出血には繋がらず、また片方の耳と脳幹の大部分が胴体に残っているため、奇跡的に生命が維持されているのではないか」という結論に至った。

アメリカ全土での興行の旅

この「首なし鶏のマイク」の噂は地元を中心に瞬く間に広がり、見世物小屋の興行主であるホープ・ウェードという人物が、この話を聞きつけてロイドのもとへと尋ねてきた。その後、ウェードはオルセン夫妻と首なし鶏のマイクを連れ、ニューヨークやロサンゼルス、サンディエゴなどを興行の旅として飛び回った。

その見物料は一人25セントであり、その収益は1ヶ月間で4,500ドル(現在の日本円で約600万円)にも上り、マイク自身にも10,000ドル(現在の日本円で約1,500万円)もの値がつけられた。当初、マイクの体重は約1kgほどだったのに対し、この頃には約3.5kgほどにまで成長していたという。

またウェードとオルセン夫妻に対して、一部の人々から「頭部のない鶏を生かしておくことは、非人道的である」として非難がされたが、動物愛護団体による調査では「首を切り落とされた直後は不明だが、現在では普通の鶏と違いが見られず、とても苦痛を感じているようには思えない」という見解となっている。

その後、マイクはアメリカ合衆国を代表する雑誌ライフやタイムなどでも取り上げられ、「奇跡のマイク」、「アメリカで一番有名な鶏」として、その存在は多くの人々に広く知られるようになった。

首なし鶏のマイクの死

201601240103

1947年3月、アリゾナ州フェニックスを興行で訪れていたオルセン夫妻は、宿泊していたモーテルの一室でスポイトを使ってマイクに餌を与えていたところ、マイクは餌を喉に詰まらせ、窒息を起こして静かに息絶えた。それはマイクが首を切り落とされてから、18ヶ月後のことだった。

このマイクの死後、様々な世界一の記録を紹介している書籍「ギネス世界記録」には、「首がない状態でもっとも長く生きた鶏」としてマイクの名前が記録されている。

またマイクの故郷であるコロラド州フルータでは、毎年5月の第3週末日を「首なし鶏の日」という記念日としており、当日には地元の人々によってお祭りが開催され、現在でも多くの人々がマイクの生命力に敬意を表しているという。

関連動画


管理人から一言

うーん、それが幸か不幸かは、マイク本人にしかわかりませんね…。