201602160101

「タビストック人間関係研究所」とは、1947年9月にイギリスの首都ロンドンにて設立されたという、精神分析学における様々な研究を行っている非営利団体組織のことである。この組織は、同じく首都ロンドンに拠点を置いている、医療機関「タビストック・クリニック」によって併設された研究所の一つだとされている。しかし、1999年には元秘密情報部(MI6)を名乗るイギリス人のジョン・コールマンが、「タビストック人間関係研究所では、イギリスとアメリカ合衆国以外の国々を破滅させることを目的として、主にマインドコントロールの研究が行われている」という内容の暴露本を出版したことにより、現在では世界中で様々な陰謀論が囁かれるようになった。
スポンサーリンク

「タビストック人間関係研究所」とは?

「タビストック人間関係研究所」とは、1947年9月にイギリスの首都ロンドンにて設立されたという、精神分析学における様々な研究やコンサルティングなどを行っている非営利団体組織のことである。

この組織は、同じく首都ロンドンに拠点を置いている、精神病理学・臨床心理学などの分野において世界的に有名な医療機関「タビストック・クリニック」によって併設された研究所の一つだとされている。その著名な設立メンバーとしては、エリオット・ジェイクス、ジョン・ローリングス・リース、ウィルフレッド・ビオンなどの名が挙げられている。

しかし、1999年には元秘密情報部(MI6)を名乗るイギリス人のジョン・コールマンが、タビストック人間関係研究所についてのショッキングな暴露本を出版している。その内容とは、「タビストック人間関係研究所はロックフェラー系列の組織の一つであり、イギリスとアメリカ合衆国を除く、世界中の国々を破滅させることを目的として、主にマインドコントロールやプロパガンダなどの研究を極秘で行っている」というものである。

その後、ジョン・コールマンの後を追うようにリトアニア人のダニエル・エスチューリンなどによって、イギリスの上流階級とタビストック人間関係研究所の関係を暴露するような内容の書籍が多く出版されている。そのため、現在では世界中でタビストック人間関係研究所に関する様々な陰謀論が囁かれるようになった。

ジョン・コールマンによる暴露

201602160102

1999年に出版された、その名も「タビストック人間関係研究所(The Tavistock Institute of Human Relations)」という書籍において、ジョン・コールマンによって暴露された内容とは下記のようなものである。

タビストック人間関係研究所は外交問題評議会(CFR)とロックフェラー財団によって設立された、イギリスの上流階級のための組織である。この組織は中央情報局(CIA)とも協力関係にあり、アメリカ国内における資産は約600億ドルから約700億ドルにも達していると見られる。

その目的はイギリスとアメリカ合衆国を除く、世界中の国々を破滅させることであり、タビストック人間関係研究所では主にマインドコントロールやプロパガンダなどの技術に関する研究を極秘で行っている。またMKウルトラ計画の実行や、脳内音声兵器の開発などにも深く関与していると考えられる。

実際、過去には何度か一般大衆に向けてのマインドコントロールが実験的に行われており、1960年代における世界的に大きなムーブメントを巻き起こしたロックバンドの「ビートルズ」の登場や、1970年代以降におけるヒップホップ・カルチャーなどの黒人文化の大衆化などは、全てタビストック人間関係研究所によるものである。

それらはロック・ミュージックや黒人文化を大衆に浸透させることにより、世界各国のイギリス化・アメリカ化を意図的に促進させて、麻薬や同性愛のファッション化、ジェンダーフリーなどの考え方を一般的なものとし、世界各国を政治的に麻痺させることが目的なのである。

その真相とは?

201602160103

このタビストック人間関係研究所についての暴露を行ったジョン・コールマンという人物については、他にも「300人委員会」、「アメリカ同時多発テロ事件の陰謀論」、「鳥インフルエンザの陰謀論」、「ロスチャイルド家の陰謀論」などに関する多くの暴露本を出版しており、典型的な陰謀論者の一人だと考えられる。

本人は元秘密情報部(MI6)であることを名乗ってはいるものの、それを裏付ける決定的な根拠などは現在までに確認されてはいない。またその暴露の内容が事実なのであれば、世界各国の関係が揺らぐほどの大きな陰謀にも関わらず、現在もコールマンはアメリカ合衆国で平穏な生活を続けているという。

これらのことから、この陰謀論の信憑性については現時点では低いものと考えられる。基本的には歴史的な大きな出来事が起きた後には、ほぼ必ずと言ってもいいほど陰謀論が持ち上がっているような状況であり、その大半は捏造やこじつけであると見られている。ただ極まれに信憑性が高いと思われる人物による暴露などがあるため、全ての陰謀論が作り話であるとは一概には言えないのもまた事実である。

関連動画



管理人から一言

ククク…。うまいこと誤魔化せましたね…。