201510100201

2008年12月頃から、2ちゃんねるのオカルト板を中心に、エレベーターを使用した「異世界へ行く方法」というものが注目を浴び、次第にインターネット上で話題となった。今回は、その具体的な方法と実際に試した人による検証報告を紹介する。
スポンサーリンク

その方法とは?

この「異世界へ行く方法」において必要となるものは、「階数が10階以上あるエレベーター」だけである。


1. エレベーターに乗る
※絶対に一人だけで乗ること

2. 次にエレベーターに乗ったまま、4階→2階→6階→2階→10階という順番で移動する
※この時、途中で誰かが乗ってくると失敗する

3. 10階に着いたら、降りずにそのまま「5階」のボタンを押す

4. 5階に着いたら、若い女性が乗ってくる
※絶対にその女性には話しかけてはいけない

5. その女性が乗ってきたら、「1階」のボタンを押す

6. そうするとエレベーターは1階には降りず、10階へと昇っていく
※この時、他の階のボタンを押すと失敗する

7. そのまま9階を通り過ぎれば、成功したと考えていい


本当に異世界へと移動できているのかを確かめる方法としては、その異世界には自分だけしか人はおらず、他には誰もいないのだという。また5階で乗ってくる若い女性は、決して人間などではないとも言われている。

検証者による報告

201510100202

これは実際にこの方法を試した検証者からの報告の書き込みである。この人は途中で断念してしまったが、最後まで行っていたらどうなっていたのだろうか。

やってきた。
うちの会社、ちょうど10階建でエレベーターあるから。
休日出勤で人もいないし。

4→2→6と淡々と進んだ。
6階は俺が働いてる階で、エレベータの入り口から部屋の中が見えて誰も来てないなーなんて思ったりしながら。
2→10。やっぱ休みの日だから人は乗ってこないんだよね。
で、5階。

ドアが開いたらいたんだよ!女の人が!
おどろいて「うっ」って言ってしまった。
まぁ何のことはない、先輩の竹本(仮)さんだった。
(竹本さんは女性、30前半くらいかな)
俺のうめき声に笑ってた。

「竹本さんも休日出勤ですかー?」なんて言いつつ、竹本さんをエレベータに入れた。
1階を押そうとも思ったけど、朝一で来てすぐ帰るなんて変なやつだと思われるのもなんだし、
もうしゃべっちゃったから失敗だし、もういいかってことで6階を押した。
(今考えると、上から降りてきたエレベータで、そのまま6階にあがるってのも変なやつなんだけどw)

その後、竹本さんが10階を押したから、ちょっとびくってした。
竹本さん10階の人なんだよ。
結果的に10階に行くってのはなんかあるかもなぁと思ったけど、
やっぱり俺が10階についていったら、なにこいつって思われるのは必至だから、残念ながら6階で降りた。

降りた後、うしろでチッって舌打ちが聞こえた。
振り返ったけど、エレベータのドアはちょうど閉まったとこで、竹本さんがやったのかわからなかった。
気のせいかもしれない。
まぁ結局何もなかったってこと。

でもちょっと気になるのは竹本さんが何で5階にいたんだろうってこと。

このように何人もの人々が、このエレベーターを使用した異世界へ行く方法を実際に検証しているが、明らかに不可解なことが起きたという報告などは確認されておらず、その真相は不明のままである。

関連動画

この動画は、この異世界へ行く方法を実際に試したという人物によって投稿された検証動画である。その行動力と勇気に敬意を表したい。



管理人から一言

その異世界が、ハーレムだったら試すんですけどね…。