201603210101

「タキタロウ」とは、山形県の鶴岡市にある湖「大鳥池」にて棲息しているという伝説の巨大魚のことである。この巨大魚が登場するもっとも古い文献は、1885年に博物学者の松森胤保によって書かれた「両羽博物図譜」という図鑑であり、その中のイワナの項目において、「大物を『瀧太郎』という。約1.5メートルほどのものが、大鳥川より流れてくることがあると聞く」という記述が確認されている。また漫画家の矢口高雄による、人気釣り漫画「釣りキチ三平」には、この巨大魚が「O池の滝太郎」として登場しており、魚釣りが好きな人々の間では、「幻の魚」として広く知られている。
スポンサーリンク

「タキタロウ」の詳細

「タキタロウ(瀧太郎)」とは、山形県の鶴岡市にある湖「大鳥池」にて棲息しているという伝説の巨大魚のことである。その名前の由来は定かではなく、「最初に発見した人物の名前が、『瀧太郎』だったのではないか」、「瀧の近くで発見されたのではないか」などの説が挙げられている。

このタキタロウが棲息しているとされる大鳥池は、古くは「女人禁制の地」とされていた時代があり、女性が大鳥池へと近づくと、天候が急変して近くの村に大きな災害をもたらすものと考えられていた。そのため、古くから大鳥池は神秘的な場所とされており、この巨大魚の話を含む、様々な言い伝えが存在している。

このタキタロウが登場するもっとも古い文献は、1885年に博物学者の松森胤保によって書かれた、「両羽博物図譜」という動物と植物についての図鑑である。その中のイワナの項目において、「大物ヲ瀧太郎ト云 五尺計ノモノ大鳥川ヨリ流レ来ルコト有ト聞ク(大物を『瀧太郎』という。約1.5メートルほどのものが、大鳥川より流れてくることがあると聞く)」という記述が確認されている。

1917年には、大鳥池の付近にて水門工事が行われた際、ダイナマイトを使用した爆破作業の後に二匹の大型の魚が水面に浮かび上がってきたという記録が残っている。この二匹の魚については、特に詳しい調査などが行われることはなく、二人の作業員によって一匹ずつ持ち帰られている。その後、作業員はその魚を食べるのに約四日間ほどかかったのだという。

1983年には、日本放送協会(NHK)を中心として複数の専門家による「大鳥池調査団」が結成され、約三年間に渡って定期的に大規模なタキタロウの調査が行われている。その結果、1985年10月27日には体長約80センチメートルほどの大型の魚が捕獲された。しかし、二人の専門家による鑑定の結果、この魚の正体については「アメマス系のニッコウイワナ」、「オショロコマに近いアメマス」という二つの意見に分かれており、はっきりとしたことはわかっていない。この魚の剥製は、鶴岡市の大鳥地区にある「タキタロウ館」にて展示されており、一般公開されている。

また漫画家の矢口高雄による、人気釣り漫画「釣りキチ三平」において、単行本の第8巻と第9巻には、このタキタロウが「O池の滝太郎」として登場している。そのため、この巨大魚は魚釣りが好きな人々の間では、「幻の魚」として広く知られており、大鳥池にはタキタロウを釣り上げようと意気込む人々が、毎年のように全国から大勢訪れてくるのだという。

「タキタロウ」の特徴

201603210102

大鳥池付近での目撃談や言い伝えによる、「タキタロウ」の特徴とは下記の通りである。
  • 大きいものでは、体長が約2mから3mほどの巨大な個体がいる
  • 体の表面はぬるぬるしており、色は全体的に茶褐色をしている
  • 口はみつ口であり、ウサギの口にような形をしている
  • 下顎が発達しており、大きくめくれ上がっている
  • 肉は赤味であり、とても脂が乗っていて大変美味である

その正体とは?

201603210103

現在までに、大鳥池から他の種類の魚とは明らかに異なるような特徴を有した巨大魚が捕獲されたことはなく、「タキタロウ」については不明な点が多い。

そのため、この巨大魚の正体については、下記のような説が挙げられている。

  • 古代魚の生き残り説
これは「タキタロウは古代魚の生き残りであり、新種の魚なのではないか」という説である。現在の地球に比べ、太古の地球は自転速度が速かったため、その遠心力によって見かけの重力が弱くなっており、また地表の酸素濃度が高かったものと考えられている。そのため、そのような環境で進化した生物には大型のものが多く、実際に体長が約2〜3メートルほどの巨大魚が存在するとした場合、古代魚の生き残りである可能性は高い。

  • 突然変異による巨大化説
これは「イワナやヒメマス、ソウギョなど、すでに存在が確認されている他の種類の魚が、突然変異によって巨大化したのではないか」という説である。現在までに大鳥池にて捕獲されている数匹の大型の魚については、全て「その正体は、巨大化した『イワナ』なのではないか」と推測されているため、もともと大鳥池に棲息している魚が突然変異によって巨大化したものを人々が目撃しただけであり、それが「タキタロウ」として言い広められている可能性が考えられる。

  • すでに絶滅しているとする説
これは「19世紀中頃までには、そのような巨大魚が実際に棲息していたかもしれないが、現在ではすでに絶滅してしまっているのではないか」という説である。この説は、世界各国で目撃されている、「恐竜や古代生物の生き残り」として推測されている生物全般に対して唱えられているものである。すでにタキタロウが絶滅してしまっているのであれば、現在までにその姿が写真や映像に収められておらず、捕獲に至っていない理由などにも説明がつく。


このタキタロウについては、大鳥池の周辺にある「タキタロウ山荘」と呼ばれる小屋を拠点として、現在でも定期的に調査が行われている。その調査メンバーは一般募集されることもあるため、是非とも、興味のある方はタキタロウの捕獲に挑んでみてはいかがだろうか。

関連動画



管理人から一言

これは、さかなクンさんに調査を依頼したいですね…。