201510150201

「プロジェクト・セルポ」とは、1960年代にアメリカ合衆国政府が惑星セルポのイーブ人と協力し、極秘に行っていたとされる、異星人と地球人の交換留学プロジェクトのことである。
スポンサーリンク

この計画が知れ渡った経緯

2005年11月頃から世界各国のUFO研究家の元へ、自らを「リクエスト・アノニマス」と称する、アメリカ国防情報局の元職員を名乗る人物から、「プロジェクト・セルポ」についての情報が書かれた大量のメールが届き、この計画は世間に知れ渡ることになった。

この計画の詳細

201510150202

1947年7月頃、アメリカ合衆国のニューメキシコ州ロズウェル近郊で発生したUFOの墜落事件、「ロズウェル事件」の際に、1人の宇宙人が岩陰に隠れているところを保護された。この保護された宇宙人は「イーブ人」と名付けられ、その後、ロスアラモス国立研究所へ移送されたという。

このイーブ人は地球人に対して敵意が無く、温厚な性格で高い知能を持ち合わせており、英語を学習して簡単な会話ができるようになった。宇宙船から回収された通信機器を始めとする各種機器の使用方法を地球人に説明したという。そして、惑星セルポとの通信に成功したアメリカ合衆国政府は、文明が発展している惑星セルポの宇宙船を使用して交換留学プロジェクトを開始する。

1952年、ロズウェル事件で保護されたイーブ人が、病気により死亡してしまったため、惑星セルポとの通信間でトラブルが発生するようになった。その結果、惑星セルポからイーブ人の宇宙船が地球に到着したのは、1965年7月のことだった。

1965年7月から約13年間で男性10名と女性2名の計12人からなる留学生チームが、イーブ人の宇宙船に搭乗して惑星セルポへ渡ったという。この留学生チームがイーブ人の宇宙船に搭乗して、極秘の内に地球に帰還したのは、当初の予定を3年も過ぎた1978年のことだった。そして、生還したのは12人の内、男性7名と女性1名の計8人であり、病気と事故によって死亡した2人の遺体が棺に収められていた。残りの2人は、惑星セルポへの残留を希望して現地に留まった。この2人との交信は1988年まで続いたが、その後の消息は不明だとされている。

惑星セルポの情報

201510150203

下記は地球に帰還した留学生チームによって報告された、惑星セルポの情報の一部である。
  • 名称:セルポ(SERPO)
  • 人口:65万人
  • 直径:約11,616km
  • 最低気温:6℃
  • 最高気温:52℃
  • 公転周期:865日
  • 自転周期:約43時間
  • 地球からの距離:38.43光年

その後の展開

無事に帰還した8人の留学生チームはトップシークレットの扱いを受け、全米各地の軍用施設を転々と移されることに なった。しかし、この8人はセルポ滞在中に強い放射線に晒され続けたのが原因か、その後、徐々に体調が悪化していき、次々に死亡してしまった。最後の1人 は2002年に亡くなったとされている。

その後、ビル・クリントンがアメリカ合衆国大統領に就任した際、クリントン大統領はこの交換留学 プロジェクトの継続を希望したが、周囲からの「このプロジェクトは失敗だった」という反対により、1994年、イーブ人の惑星セルポへの帰還を最後に、こ の計画は打ち切られたということである。

管理人から一言

最近、「ぬるぽ」って、あんまり見ませんね…。