201604200101

「恐怖のナポリタン」とは、2003年7月頃に電子掲示板サイト「2ちゃんねる」を中心として大きな話題を集めることになった、不可解な謎の文章のことである。その文章の内容とは、「ある人物が森の中へと迷い込み、そこで偶然レストランを見つけ、人気メニューのナポリタンを注文するのだが…」というものである。この文章の解釈については様々な意見が挙げられており、いつしか「その文章の意味を理解すると死んでしまう」などの不吉な噂が囁かれるようになった。その後、この文章は2ちゃんねる内の様々なスレッドにコピー&ペーストされることになり、インターネット上を中心に広く知られることになったという。
スポンサーリンク

「恐怖のナポリタン」の本文

この「恐怖のナポリタン」と呼ばれる文章の全文は、下記の通りである。

ある日、私は森に迷ってしまった。
夜になりお腹も減ってきた。
そんな中、一軒のお店を見つけた。
「ここはとあるレストラン」
変な名前の店だ。
私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
…なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
私は苦情を言った。
店長「すいません作り直します。御代も結構です」
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
私は店をでる。
しばらくして、私は気づいてしまった…。
ここはとあるレストラン…。
人気メニューは…ナポリタン…。

いくつかの解釈

201604200102

この「恐怖のナポリタン」と呼ばれる文章の解釈については、下記のような意見が挙げられている。
  • 主人公が食べたナポリタンには、人肉が含まれていたのではないか
  • そのナポリタンにはケチャップの変わりに、動物の血が使われていたのではないか
  • 最初のナポリタンが塩辛く感じたのは、主人公か料理人の涙が含まれていたのではないか
  • 宮沢賢治の児童文学「注文の多い料理店」に対する、オマージュなのではないか
  • そもそも、この文章には正しい答えなどは用意されていないのではないか

その真相とは?

201604200103

この「恐怖のナポリタン」と呼ばれる文章の解釈については、この文章を最初に書き込んだ人物がその答えなどを書き込みしないまま姿を消してしまったため、正しい答えなどは未だにわかっていない。そのため、現在では「特に意味のない文章」だと考えられている。つまり、一見すると意味深いものに思えるような言葉や語り口を用いて、多くの人々が話題にすることを目的として作られただけの文書だということである。

またこの文書が生まれた経緯としては、「アメリカン・ジョークを和訳した際に偶然生まれた奇怪な文書をもとにして作られたのではないか」という意見がもっとも有力だとされている。

日本国内では「ナポリタン」という言葉は、スパゲッティ料理のことを指して使われることが多いが、実はスパゲッティ料理のナポリタンは、1920年代に神奈川県のホテルニューグランドにて生まれたものであり、海外の国々ではあまり知られていない。アメリカ合衆国などの多くの国々では、「ナポリタン」という言葉は、バニラ・チョコレート・ストロベリーの三色のアイスクリームを組み合わせた「ナポリタン・アイスクリーム」を指す際に使われることが多い。そして、この「ナポリタン・アイスクリーム」は色合いが悪いことから、海外の国々では「不潔」という意味合いのスラング(俗語)として、「ナポリタン」という言葉が用いられている。

つまり、主人公がこのレストランを訪れた際、「This is a restaurant famous for neapolitan」と書かれた看板を見たのだと仮定する。この時、主人公は「This is a restaurant」と「famous for neapolitan」という二つの文書が書かれているものと誤解し、その意味を「ここはとあるレストラン」、「ナポリタンで有名」と読んでしまう。その場合、主人公が始めて訪れたレストランで人気メニューがナポリタンであることを理解していたことに説明がつく。

そして、主人公が店を出た後に「This is a restaurant famous for neapolitan」と書かれた看板が、実は「ここは不潔なことで有名なレストラン」という意味だということに気づくのである。この時、主人公がスパゲッティ料理のナポリタンではなく、実際にはナポリタン・アイスクリームを食べていたのであれば、妙に塩辛いことを気にしたり、頭が痛くなったことにも説明がつく。この文書には、「ナポリタン=スパゲッティ料理」と思い込んでしまう、日本文化とアメリカ文化の大きな違いが一つのひっかけとして含まれているのである。

しかし、この文章がアメリカン・ジョークを和訳したものとした場合、その原文が未だに発見されておらず、詳しいことはわかっていない。そのため、現在でも「この文章には、何らかの意味が込められている」と考える人々が存在しているというのが現状である。

関連動画

この動画は、日本国内で知られているスパゲッティ料理の「ナポリタン」のレシピと作り方を、海外の国々に住む人々に向けて紹介している動画である。この動画のコメント欄には、「なぜ、日本ではスパゲッティにケチャップを入れてしまうんだ」という驚きの声が寄せられている。



管理人から一言

さて、冷凍食品のナポリタンでも食べましょうかね…。