201510170101

「ひとりかくれんぼ」とは、2006年4月頃から電子掲示板サイト「2ちゃんねる」にある、オカルト板を中心としてインターネット上で広まった、心霊現象に遭うことがあるという都市伝説のことである。それは一種の降霊術だと考えられており、その内容としては「真夜中に名前をつけた『ぬいぐるみ』を相手に『かくれんぼ』をすると、不可解なことが起きる」というものである。現在では、この都市伝説をモデルにした映画もいくつか公開されており、別名「ひとり鬼ごっこ」とも呼ばれている。
スポンサーリンク

この都市伝説が広まった経緯

2006年4月頃、電子掲示板サイト「2ちゃんねる」にあるオカルト板において、「ひとりかくれんぼ」についての詳細な情報が書き込みされたことが事の発端である。それは一種の降霊術だと考えられており、その内容としては「真夜中に名前をつけた『ぬいぐるみ』を相手に『かくれんぼ』をすると、不可解なことが起きる」というものである。

その後、一部の人々が実際に検証したことにより、様々な心霊現象・怪奇現象に遭遇したという体験談がいくつも報告され、次第にインターネット上で話題となり、現在では一般的にも広く知られるようになった。

各種メディアによる体験談では、「隠れている間に奇妙な音が聞こえた」、「ぬいぐるみが、最初の場所とは違う場所にいた」、「テレビに謎の映像が映った」など、不可解な現象に遭遇したという報告がいくつも寄せられている。

また現在では、この都市伝説をモデルにした映画もいくつか製作・公開されており、別名「ひとり鬼ごっこ」とも呼ばれている。

「ひとりかくれんぼ」に必要なもの

「ひとりかくれんぼ」に必要なものは、下記の通りである。
  • 手足のあるぬいぐるみ
  • 少量の米
  • 爪切り
  • 縫い針と赤い糸
  • コップ一杯程度の塩水
  • 刃物や錐などの鋭利なもの

「ひとりかくれんぼ」の事前準備

「ひとりかくれんぼ」の事前準備は、下記の通りである。
  1. ぬいぐるみの綿を全て抜き取り、その代わりに米を詰める
  2. 自分の爪を切り取り、その欠片をぬいぐるみの中に詰め、赤い糸で縫う
  3. 縫い終わったら、そのまま糸をぬいぐるみに巻き付けて括る
  4. 風呂桶に水を張る
  5. 隠れる場所に塩水を用意しておく

「ひとりかくれんぼ」の実行手順

201510170102

「ひとりかくれんぼ」の実行手順は、下記の通りである。
  1. ぬいぐるみに名前をつける
  2. 午前3時になったら、ぬいぐるみに向って「最初の鬼は○○(自分)」と3回言う
  3. 風呂場に行き、ぬいぐるみを水の入った風呂桶に入れる
  4. 部屋に戻り、家中の明かりを全て消してテレビの電源をつける
  5. 目を瞑り、10数えたら用意した刃物を持って風呂場に行く
  6. ぬいぐるみの所へ着いたら、「○○(ぬいぐるみ)見つけた」と言って、ぬいぐるみを刺す
  7. 「次は○○(ぬいぐるみ)が鬼」と言いながら、ぬいぐるみを置く
  8. ぬいるぐみを置いたら、自分は塩水を用意した場所に隠れる

「ひとりかくれんぼ」を終了する方法

「ひとりかくれんぼ」を終了する方法は、下記の通りである。
  1. コップの塩水を半分ほど口に含み、隠れている場所から出て、ぬいぐるみを探す
  2. ぬいぐるみを見つけたら、残りの塩水をぬいぐるみにかけ、その後に口の中の塩水を吹きかける
  3. ぬいぐるみに向って「私の勝ち」と3回言う

「ひとりかくれんぼ」の注意点

「ひとりかくれんぼ」の注意点は、下記の通りである。
  • 途中で家の外に出てはいけない
  • 部屋の明かりは必ず全て消すこと
  • 全てを2時間以内で終わらせなければならない
  • 使用したぬいぐるみは、最終的に燃える方法で処理すること

その真相とは?

201510170103

「ひとりかくれんぼ」については、もともとは関西地方や四国地方において、「コックリさん」などと同様によく知られる子供の遊びを脚色したものだという意見がある。また某大学の都市伝説の広まり方を研究しているサークルによって、意図的にこの話が全国に流布されたとする説も存在するが、確かな情報はわかっていない。

また「ひとりかくれんぼ」の解釈としては、一種の降霊術、または自分自身に対する呪術という見方が強く、米は「内臓を表すもの」、「霊を集める役割を成すもの」、赤い糸は「血管を表すもの」、「霊を人形の中に閉じ込める結界の働きを成すもの」を表しているのだという意見もあるが、その真相は未だ不明となっている。

関連動画

この動画は、実際に「ひとりかくれんぼ」を試した人物が投稿した検証動画である。このように複数の検証者が動画共有サイトにその様子をアップしている。



管理人から一言

一人には、慣れています…。