201510230101

「コソの点火プラグ」とは、1961年2月13日にアメリカのカリフォルニア州にあるコソ山脈で発見された点火プラグのことであり、様々な調査・鑑定の結果「約50万年前に作られたものである」ということから、オーパーツの一つとされているものである。別名「コソ加工物」とも呼ばれている。
スポンサーリンク

発見の経緯

1961年2月13日、アメリカのカリフォルニア州オランチャから北東に10kmほど離れたコソ山脈で不思議な晶洞石が発見された。一般的に晶洞石の中には、石英などの結晶が入っていることが多いため、発見者がこの晶洞石を両断しようとしたところ、新調したばかりのダイヤの刃は欠け、切断作業は困難を極めた。長時間に及ぶ切断作業の末、その中から現れた物体は石英の結晶などではなく、下記のような特徴を有するものだった。
  • 非常に硬いセラミックのような、白い物質でできた円筒状のもの
  • 中心部には、直径2mmほどの明るい色の金属シャフトが通っている
  • 直径2cmの真円のリングがはまっている
  • リング外周には、木製と見られる六角形の外枠の一部が見られる
  • この物体を包み込んでいる小石や化石貝の中に、釘に似た2個の非磁性金属がある

専門家による調査と鑑定

専門家によるX線写真などを用いた詳しい調査によって、この物体について新たに下記のことが判明した。
  • シャフトは3つの部分から成っている
  • 両断したため、2つに分かれているが、元々は1つの構造体であった
  • シャフトの一方の末端にスプリング構造の金属物質が接続されている
このことから専門家は、この物体を現代で言うところの「点火プラグ」であると結論付けた。また地質学者が鑑定を行ったところ、「この点火プラグが作られた年代は、約50万年前である」という鑑定結果が出された。当然、約50万年前には点火プラグなど存在しないため、この物体はオーパーツの一つとして数えられるようになり、後に「コソの点火プラグ」と呼ばれるようになった。

その後、スミソニアン博物館などがこの点火プラグを引き取ることを検討していたが、所有者が「2万5000ドル出さなければ手放さない」と主張したため、施設に引き取られることはなかった。現在、「コソの点火プラグ」は行方不明となっており、現存するものは写真だけとなっている。

その真相とは?

201510230102

2000年6月、アメリカの懐疑団体「パシフィック・ノースウェスト・スケプティクス」のピエール・ストロンバーグとポール・ハインリッヒの二人によって本格的な調査が行われ、この「コソの点火プラグ」の正体を突き止めることに成功した。

彼らは、アメリカ点火プラグコレクター協会の会長チャド・ウィンダムと同協会副会長ジェフ・バーセル、点火プラグの世界的コレクターのマイク・ヒーリーと点火プラグの私立博物館館長ビル・ボンドという、全米を代表する四人の点火プラグの専門家に「コソの点火プラグ」のX線写真を元に鑑定を依頼したのだ。この鑑定は、四人には詳しい事情は伝えられず、また互いに接触を持つことのない状況下で行われた。その結果、四人全員が「1920年代にアメリカのチャンピオン社によって作られた点火プラグに間違いない」という結論に至ったのだ。後に1920年代のコソ山脈周辺では採鉱が行なわれており、そこに出入りしていた作業車両のエンジンに、当該の点火プラグが使われていた可能性があることが判明している。

発見者の一人であるヴァージニア・マクシーによる、「ある地質学者が鑑定を行ったところ、約50万年前という鑑定結果が出た」という話については、その鑑定を行った地質学者が明らかにされておらず、証拠となるものが何一つ存在していない。また晶洞石の中から発見されたとされているが、これについては「実際は点火プラグを中心に、泥が塊となっていただけではないか」という見方が強い。

以上のことから、この「コソの点火プラグ」については、正真正銘のオーパーツであるという信憑性は極めて低いものと考えられる。

関連動画



管理人から一言

点火プラグにもコレクターがいるんですね…。