201510230201

「デイビッド・ラング消失事件」とは、1880年9月23日にアメリカのテネシー州ガラティンの近くに住んでいたデイビッド・ラングが、妻と子供を含む、計5人の人物が見ている目の前で、突如として身体が透明化し、そのまま消失してしまったという奇妙な人間蒸発事件のことである。
スポンサーリンク

消失までの経緯

デイビッド・ラングは、テネシー州ガラティンから少し離れた土地に小さな農場を構え、妻と当時11歳の娘・サラ、そして当時8歳の息子・ジョージの4人と静かに暮らしていた。

1880年9月23日の午後、庭先で遊んでいたサラとジョージは、顔見知りであるオーガスト・ペック判事の馬車が自宅に近づいてくるのを目にして遊びの手を止めた。自宅にいたラング夫人も、馬車が近づく音に気づいて玄関口へと顔を出し、農場にいたデイビッドは、馬車に気づくとオーガスト判事に手を振り、「ちょっと馬を見てから戻る」と言って馬小屋へと歩き出した。

その時、デイビッドの足元から何か煙のようなものが立ち上り、足元から順番に身体が透明化し始めたのである。そして、彼は家族とオーガスト判事兄弟の計5人が見ている目の前で、突如として姿を消してしまう。オーガスト判事が、彼の消えた地点へと駆けつけたが、そこに彼の痕跡は何一つ残されていなかった。

その後、数ヶ月に渡って警察による捜索が行われたが、結局彼を見つけることはできなかった。残されたラング夫人は、夫が帰ってくることを信じて葬儀を行わずに、仕方なくそのまま農場で生活を続けることとなった。

黄色い輪の出現

謎の消失事件から7ヶ月後の1881年4月、デイビッドが消失したその地点に不思議な現象が起こった。そこには黄色い草が、直径約5mほど円形に生えており、黄色い輪を形成していたのである。一家によれば、時折その輪の中から彼の助けを求める声のようなものが聞こえてきたという。やがて声は弱くなり、ついには聞こえなくなってしまった。一連の不可解な体験に耐え切れなくなったラング夫人は、牧場を売り払ってしまったということである。

この奇妙な消失事件は、「世界で始めての人間蒸発事件」として、アメリカの公式記録に今でも残されている。

その真相とは?

201510230202

1977年、小説家ロバート・シェイが、「フェイト誌」という雑誌の中で、この事件についての論文を掲載している。その論文によれば、図書館職員ハーシェル・ペインという人物が、「デイビッド・ラング」や「オーガスト・ペック判事」という人物の戸籍などを調べた結果、1880年当時のテネシー州にそのような人物がいたという記録は見つからなかったという。

また1953年、推理作家スチュアート・パーマーがフェイト誌で「何故、私の父は消えた?」という記事を掲載している。この記事は、事件当時11歳であったデイビッドの娘・サラに取材を行った内容をまとめたものであり、「黄色い輪」についての話が、サラの宣誓供述書と共に紹介されている。また同記事には霊媒師の自動筆記によって書かれたという、デイビッドの言葉が掲載されており、「これは紛れもなく、父親の筆跡である」とサラは主張している。

しかし、ロバートがこの記事を調べた結果、宣誓供述書には本来なければならない公証人の認印が見当たらず、また宣誓供述書の筆跡と霊媒師の自動筆記によって書かれたという、デイビッドの言葉の筆跡が一致し、全てこの記事を書いたスチュアートによる捏造だったという事実が証明されてしまったのである。

これらのことから、「デイビッド・ラング消失事件」の存在を証明する証拠が見つかっておらず、唯一の物証は捏造が判明しているため、この事件は全て創作である可能性が高いと考えられる。

管理人から一言

自分も、消えちゃいたくなることがあります…。