201510260201

「ケサランパサラン」とは、江戸時代頃から確認されている謎の物体であり、民間伝承上では「幸福を呼ぶ妖怪」とも呼ばれる、未確認生物のことである。その外観は、タンポポの綿毛のような「白い毛玉のような物体」だとされている。ヨーロッパ・アメリカ諸国などでは、「エンゼル・ヘアー」という名で呼ばれている。
スポンサーリンク

その詳細

「ケサランパサラン」とは、タンポポの綿毛や兎の尻尾のような、フワフワした「白い毛玉のような物体」であり、空中をフラフラと飛んでいるとされている謎の物体である。その正体については、小さな妖力を持つ妖怪とも言われており、「『ケサランパサラン』の持ち主には、幸運が訪れる」という言い伝えが存在する。

名前の由来については、スペイン語の「ケセラセラ」を語源とする説、サンスクリット語の「袈裟羅・婆裟羅」を語源とする説、「何がなんだか、さっぱり分からん」という東北地方の言葉に由来するという説などがある。

1970年代後半に「ケサランパサラン」は、そのミステリアスな存在とは相反する、小さくて可愛らしい姿から全国的な「ケサランパサラン・ブーム」を巻き起こし、その存在は世間に知れ渡ることになった。現在では、その名も「ケサランパサラン」という、百貨店向けの化粧品メーカーまで登場している。

いくつかの伝承

「ケサランパサラン」にまつわる言い伝えはいくつか存在するが、共通点を整理すると下記の通りである。
  • 捕まえると幸運が訪れるが、一年に二回以上見ると、その効果は消えてしまう
  • 「ケサランパサラン」を所持しているということを人に話すと、良くないことが起きる
  • 香料や着色料の含まれていない白粉を与えることで成長させることが可能であり、上手くいけば増殖させることもできる
  • 突然、色が黒く変色することがあるが、それは持ち主の悪い気を吸い取った証拠である
  • 日本には、「密かに『ケサランパサラン』を後世へと代々伝えている一家や寺院」が存在する

その正体とは?

201510260202

「ケサランパサラン」の正体については、詳しいことは明らかになっておらず、下記のように様々な説が存在する。

  • 動物性のもの
山形県の鶴岡市にある加茂水族館では、「ケサランパサラン」と思われる物体を展示しており、ここでは「鷲や鷹などの猛禽類が、兎や鼠などの小動物を食べた際に排泄される毛玉である」と説明されている。また東北などの寒冷な地域において、「小動物が捕食された際に食べ残された毛皮の皮膚の部分が縮まり、毛が生えている部分を外側にして丸まったものではないか」という意見もある。

  • 植物性のもの
「アザミ」や「オキナグサブタナ」などの植物の花の冠毛が、寄り集まったものであるという意見もある。また「綿状のカビである」という説もあり、白粉を与えると増殖すると言われているのは、このためだとも考えられている。またビワの木の近くで目撃されることが多いことから、「ビワの木の精」とも呼ばれている。

  • 鉱物性のもの
「オケナイト」、または「オーケン石」と呼ばれる鉱物がある。これは他の鉱物のイメージとは程遠い、フワフワとしたウサギの毛のような外観をしているため、「この鉱物が、『ケサランパサラン』の正体なのではないか」という説もある。

関連動画



管理人から一言

何がなんだか、さっぱりわからないんです…。