ザ・オカルトサイト

科学・数学・テクノロジー

なぜか、計算が合わない…?「三人の旅行客問題」とは?

201605160101

「三人の旅行客問題」とは、実際には何の問題も起きていないにも関わらず、解答者に対して誤った計算を行わせるような誘導が含まれているため、何らかのパラドックスが生じているかのように錯覚してしまう者が多いという数学の問題のことである。その問題の内容とは、「ある日、三人の旅行客が旅先の旅館にて、宿泊代として一人10,000円ずつ、合計30,000円を支払うのだが…」というものである。この問題は、別名「料金紛失トリック」として紹介されることがある。
スポンサーリンク
続きを読む

言葉の波動が、水に影響を及ぼす…?「水からの伝言」とは?

201604120101

「水からの伝言」とは、1999年6月1日に波動教育社から出版された、水を氷結させた際にできる氷の結晶の写真を集めた写真集のことである。その本の中で著者の江本勝は、「例えば、『ありがとう』などの良い言葉をかけた水を氷結させた場合、美しい結晶ができあがり、逆に『ばかやろう』などの悪い言葉をかけた水を氷結させた場合、形の崩れた結晶ができあがる」という主張を行っている。この本は、現在までに約45ヶ国語に翻訳され、世界中の約75ヶ国で出版されており、その発行部数はシリーズ累計で250万部を突破している。しかし、日本国内の一部の小学校などにおいて、この「水からの伝言」が道徳教育の題材として取り上げられたことをきっかけに、その主張の真偽については議論が巻き起こることになった。
続きを読む

この宇宙の終焉のシナリオの一つ。「ビッグクランチ」とは?

201603250101

「ビッグクランチ」とは、1927年にベルギー人の天文学者ジョルジュ・ルメートルによって提唱された「ビッグバン理論」の通り、この宇宙が今から138億年前に大爆発によって誕生したものと仮定した場合に予測される、宇宙の終焉に関するシナリオの一つのことである。そのシナリオの内容とは、「現在、膨張を続けている宇宙の質量が、その臨界密度へと達した際に自らの重量によって膨張から収縮へと転じ、全ての物質と空間、時間などが最初の大爆発が起こる前の特異点へと収束する」というものである。この「クランチ」という言葉には、「バリバリと噛み砕く」という意味が含まれている。
続きを読む

人工知能の開発が難しい要因?モラベックのパラドックス。

201603130101

「モラベックのパラドックス」とは、1980年代にオーストリア人のロボット工学の教授ハンス・モラベックを中心として明確にされた、人工知能(AI)の開発・研究におけるパラドックスのことである。その内容とは、「人工知能の開発においては、人間にとって高度な知能テストをコンピュータに通過させることは比較的容易なことであり、逆に一歳児の子供が身につけているような、知覚・判断・運動などの能力をコンピュータに組み込むことの方が、技術的には困難である」というものである。1950年代後半、当時は「約10年から20年後には、人工知能が開発されるのではないか」という楽観的な予測が行われていたが、現在でも人工知能は開発されておらず、このパラドックスの存在がその大きな要因の一つともされている。
続きを読む

「二重スリット実験」観測が量子に影響を与える…?

201602250101

「二重スリット実験」とは、1961年にドイツにあるテュービンゲン大学のクラウス・イェンソンという人物によって初めて行われた、ミクロの物質の物理量を表す最小単位である量子が、重ね合わせの性質を持つことを証明することになった実験のことである。その実験の内容とは、「二本のスリット(切れ目)がある板に、代表的な量子の一つである電子を発射した場合、その板の向こうにはどのような模様が浮かび上がるのか?」というものである。その後、この実験は世界各国で何度も追試が行われており、現在では「世界で最も美しい実験」などとも呼ばれている。
続きを読む

人間の直感はあてにならない?「三人の囚人問題」

201602170101

「三人の囚人問題」とは、1959年にアメリカ人の数学者マーティン・ガードナーによって提起されたという、確率論における条件付き確率についての問題のことである。その内容とは、「ある牢獄に三人の囚人が閉じ込められている。ある日、囚人たちは看守から、『この中の一人だけ助かることになった』と伝えられる。その後、一人の囚人が、看守から『ある情報』を得て喜ぶのだが、はたしてそれは正しいのか?」というものである。この問題については、人間の直感によって得られる確率と実際の正しい確率が異なる例題の一つとして注目を集め、主に認知心理学などの分野で研究が行われている。
続きを読む

なぜだか、読めちゃう?「タイポグリセミア現象」

201601270101

「タイポグリセミア現象(Typoglycemia)」とは、ある条件下において、文章中に含まれる単語の最初と最後の文字さえ正しければ、その文章を読むことが可能になるという現象のことである。この現象については様々な憶測が飛び交っているが、未だに科学的には解明されておらず、その呼び名はあくまで俗称である。日本国内では、2009年5月8日に電子掲示板サイト「2ちゃんねる」において、この現象を用いた文章が書き込みされたことにより、その不思議な文章が注目を集め、インターネット上を中心に広く知られることになった。
続きを読む

特殊相対性理論の矛盾点?双子のパラドックス。

201601050101

「双子のパラドックス」とは、1911年にフランス人の物理学者ポール・ランジュバンによって考案された思考実験であり、「光速に近い速度で移動する物体は、時間の経過が遅くなる」という、特殊相対性理論における時間の遅れについてのパラドックスのことである。その内容とは、「ある双子の弟が地球に残り、その兄がロケットに乗って宇宙を旅行して帰ってくる。この時、弟からは兄が移動しているように見えるが、相対的に兄からは弟が移動しているように見えている。さて、この双子が出会った時、どちらの方が歳を取っているのか?」というものである。
続きを読む

モノが壁を通り抜ける…?「トンネル効果」とは?

201512260101

「トンネル効果」とは、ミクロの物質の物理量を表す時の最小単位である量子が、極稀な確率で物理的な障壁を透過する現象のことである。この現象は、視覚的にわかりやすく説明した場合、「手に持っているボールをコンクリートの壁に向かって投げた時、そのボールが壁にぶつかって跳ね返らず、そのまま壁を通り抜けることがある」という話に言い換えられることがある。
続きを読む

この問題が解ければ、1億円?「ミレニアム懸賞問題」

201511300101

「ミレニアム懸賞問題」とは、2000年5月24日にアメリカ合衆国のクレイ数学研究所によって発表された、100万ドルの懸賞金がかけられている7つの数学上の未解決問題のことである。この問題を解決することができれば、数学界のノーベル賞とも呼ばれる、「フィールズ賞」が授与される可能性が高いとも言われており、現在、7つの問題の内、6つの問題は未解決のままとなっている。

続きを読む

リアルなロボットに対する嫌悪感。「不気味の谷現象」

201511170101

「不気味の谷現象」とは、1970年に東京工業大学の名誉教授・森政弘によって提唱された、ロボットに対して人間が抱く感情の変化に関する現象のことである。この現象によれば「人間は、そのロボットの外観や動作が、人間に近づくに連れて好感を抱くが、ある段階を超えるとその感情は強い嫌悪感に変化する」と言われている。
続きを読む

量子力学の大難題。「シュレーディンガーの猫」

201511070101

「シュレーディンガーの猫」とは、1935年に物理学者エルヴィン・シュレーディンガーによって提唱された、量子力学の問題点を取り上げた思考実験である。この思考実験は、量子力学が引き起こす、「奇妙な現象」を説明する際の例として用いられることが多い。
続きを読む

確率論の不思議なマジック。「モンティ・ホール問題」

201510290201

「モンティ・ホール問題」とは、確率論における問題の一つであり、「事後確率」という概念を説明する時などに用いられる例題の一つともされている。また「直感的に正しいと思える解答と、論理的に正しい解答が異なる問題」という、確率論におけるパラドックスの例として挙げられることもある。
続きを読む

タイムマシンを開発中?巨大研究施設「CERN」とは?

201510200101

「CERN」とは、「欧州原子核研究機構」の略称であり、スイスのジュネーヴ郊外にある世界最大規模の素粒子物理学の研究所である。一部の人々の間では、「極秘でタイムマシンを開発している」などの噂も存在する。今回はそんな謎の多い、この研究所の正体に迫る。
続きを読む

「HAARP」果たして人工地震兵器は存在したのか。

201510060101

「HAARP」とは、高周波活性オーロラ調査プログラム(High Frequency Active Auroral Research Program)の略称であり、2014年5月頃までにアメリカ合衆国で行われていたとされる、研究プロジェクトのことである。世界中の科学者によって、「人工的に地震を発生させることが可能だ」という指摘がされていた。
続きを読む
注目の海外映画
注目の日本映画
Twitter 情報
平凡な日常に、オカルトを。日本はもちろん、世界中のオカルトな話題をお届け。基本的には、100%フォローバックしますー!
関連ツイート
LINEで読者になる
記事サムネイル
  • 扇風機をつけたまま眠ると…。「扇風機」にまつわる都市伝説。
  • 扇風機をつけたまま眠ると…。「扇風機」にまつわる都市伝説。
  • 扇風機をつけたまま眠ると…。「扇風機」にまつわる都市伝説。
  • 扇風機をつけたまま眠ると…。「扇風機」にまつわる都市伝説。
  • 子供は見ちゃダメ。「元祖西遊記スーパーモンキー大冒険」の隠しメッセージ。
  • 子供は見ちゃダメ。「元祖西遊記スーパーモンキー大冒険」の隠しメッセージ。
  • 子供は見ちゃダメ。「元祖西遊記スーパーモンキー大冒険」の隠しメッセージ。
  • 子供は見ちゃダメ。「元祖西遊記スーパーモンキー大冒険」の隠しメッセージ。
  • 「バター猫のパラドックス」正しいのは、どちらの俗説?
  • 「バター猫のパラドックス」正しいのは、どちらの俗説?
  • 「バター猫のパラドックス」正しいのは、どちらの俗説?
  • 「バター猫のパラドックス」正しいのは、どちらの俗説?
  • 無数の十字架が立てられた丘。リトアニアの「十字架の丘」
  • 無数の十字架が立てられた丘。リトアニアの「十字架の丘」
  • 無数の十字架が立てられた丘。リトアニアの「十字架の丘」
  • 無数の十字架が立てられた丘。リトアニアの「十字架の丘」
  • 無数の十字架が立てられた丘。リトアニアの「十字架の丘」
  • 無数の十字架が立てられた丘。リトアニアの「十字架の丘」
記事検索
管理人から一言
2020年の東京オリンピック、本当に開催できるんですかね…。
スポンサーリンク
コメントについて
各記事へのコメントについては、スパム対策のため、管理人の承認後に公開されるように設定してあります。

基本的には、どんなコメントでも承認しちゃいますので、記事を読んだ感想や情報の補足、ネタの提供など、何でもお待ちしておりますー。※管理人の気まぐれでお返事させていただくことがあります
メールフォーム

名前
メール
本文
免責事項
当サイトのご利用は自己責任でお願いします。当サイト及び、外部リンク先のサイトをご利用したことにより発生した損失・損害について、当サイトは一切の責任と義務を負いません。

また当サイトは著作権の侵害を目的として運営されているものではありません。使用している版権物の知的所有権は、全て各著作者・団体に帰属しています。

もし、著作権や肖像権に関して問題がありましたら、こちらのページに記載されているメールアドレス宛てにメールにてご連絡していただくか、またはメールフォームより、ご連絡下さい。確認後、適切な対処を取らせていただきます。
記事検索
  • ライブドアブログ